Welcome

最新情報

2022-05-28 20:14:00

第44回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会 愛知県大会[決勝]  対 名古屋ドジャースさん

初回、先頭打者のホームランで1点を先制します。

3B36C48D-0BAB-49D6-A176-A28FC1CEB274.jpeg

いつもより硬さがありますが、2回までをテンポ良く打ち取り0点に抑えます。

131ADA85-3485-4953-BB68-92418B358474.jpeg

C2F7952F-4831-4C68-9323-B3EF0CE9003D.jpeg

しかし、3回の裏制球が乱れると、ランナーを溜めて得点を許してしまいます。最後まで粘りましたが1ー8で敗れました。

名古屋ドジャースの皆様、対戦ありがとうございました。

300E4613-321D-4788-9705-A8EC42E689C2.jpeg

応援に来て下さった関係者の皆様、OBの皆様、ジュニアの選手達、その他沢山のお声をかけて下さる方々本当に最後まで応援ありがとうございました。

最後になりますが、大会関係者の皆様ならびに審判団の皆様、万全の整備、運営に御尽力頂きまして誠にありがとうございました。感謝申し上げます。


2022-05-25 21:36:00

15654540862384.jpg

 

今年度も北名古屋ドリームス主催「第8回北名古屋・コミュニケーションズ杯争奪交流大会」を開催致します。

多くの友好チーム様にエントリーして頂き、Bの部が26チーム、Cの部が21チーム参加となり、昨年以上に多くのチーム様にご参加頂けることとなりました!!

 

6月5日より開幕し、10月末まで期間内で各ブロックで試合を行って参ります。

そして、各ブロックの1,2位が決勝トーナメント進出となり、12月には優勝を決める決勝戦が予定されております。

また、決勝トーナメント出場チームには個人賞(監督賞)も準備しております。

 

昨年も大いに盛り上がった本大会も第8回を迎えます。

今年も白熱した試合、素晴らしいプレーを期待しております。

 

予選リーグ、決勝トーナメントの「出場チーム」や「組み合わせ」は協賛企業である合同会社SSCさんのHPにて公開しております。

下記のリンク先からご確認ください。

 

合同会社SSCさんのHP ⇒ リンク

 

試合結果は、毎週更新予定となっておりますので、ぜひチェックしてください!


2022-05-22 20:58:00

第44回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会 愛知県大会[準決勝]

対 大和西少年野球クラブさん

立ち上がりから、長短打で繋いで5点を先制します。

D8685EF3-80CB-4277-BAAA-7A78B54A6FFB.jpeg

流れを掴んだまま次の回には、打線が爆発してホームラン3本を含む連打でリードを広げます。

6A97C04A-8AB2-4618-8560-4352602D24EB.jpeg

堅い守備と、強気の走塁、投手陣の制球も安定し、最後まで得点を許さず勝利しました。

4CD143FC-25EF-42B6-8F26-B8EB39E77977.jpeg

大和西少年野球クラブの皆様、対戦ありがとうございました。

大会関係者の皆様、並びに審判団の皆様、誠にありがとうございました。

応援に駆けつけて下さった、関係者の皆様、ジュニアの選手達いつもありがとうございます。心に響く応援のおかげで、いつも以上の力を発揮出来たことと思います。決勝戦に向け、今一度、気を引き締めてまいります。これからも、応援宜しくお願い致します。


2022-05-22 20:21:00

5月22日(日)キッズの体験会を開催しました。

日差しが強さを増し汗ばむ陽気の中、3名が体験に来てくれました。

アップ、投げ方の練習、試合形式を団員と一緒に行いました。

 E4118A2B-72A1-47FC-9367-C595DADC4E48.jpeg

 E4CD05B8-801D-4D63-8BA4-99DC87C03FBF.jpeg
7A1B743B-BFAA-46A5-A2A9-3C1AB698849B.jpeg

 

体験会にご参加いただきまして、ありがとうございました。

 

【団員募集】

キッズ(幼児〜1年生)の体験会へのご参加は随時募集しております。

 

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。


2022-05-21 19:30:00

第44回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会 愛知県大会[2回戦] 対 蟹江南JBCさん

初回に、2点を先制されるも、裏の回には、先頭打者が強烈なホームランを放ち、続けて4番打者のツーランホームランで4点を返します。

47C508A5-ECB4-4F1B-8D5D-D8B76EFBB300.jpeg

先発投手が、2、3回を無失点に抑えるも、4回に制球が乱れ、長打も浴びてノーアウト満塁のピンチとなります。しかし、継投投手の気迫のこもった投球で相手に得点を許しません。A5D4C4D6-E9B3-4AEC-9926-F4DA5F78B329.jpeg

最後の回まで、打線が繋がり、9ー2で勝利しました。

34DA145F-1471-4F64-B36B-97F371E96B29.jpeg

蟹江南 JBCの皆様対戦ありがとうございました。

審判団の皆様、ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。


1 2 3